東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

株式会社ビジョン ソフトバンク正規代理店

iphoneのバッテリーを長持ちさせる方法|お役立ちガイド

お役立ちガイド

お役立ち情報満載!!
スマートフォンやタブレットの便利な使い方!
ビジネスに使えるアプリのご紹介!
プランや台数等の導入事例!
おトクなプラン情報などなど!

2013-05-09(木)15:17

iphoneのバッテリーを長持ちさせる方法

iphoneのバッテリーを長持ちさせる方法をいくつか紹介します!

今や携帯電話は生活に欠かせないアイテムの一つとなりました。人気のiPhoneは高機能で便利ですがバッテリー消費が悩みの種となります。何とかそのバッテリーを長持ちさせたい方は是非ご一読ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Wi-Fi、Bluetoothをオフにする

 

『設定』→『Wi-Fi』
『設定』→『Bluetooth』
Wi-Fiがオンになった状態で街中を歩くと常に無線LANを拾おうとするため、その分バッテリーを消耗します。 Wi-Fiを使う時だけオンにするほうが有効です。 BluetoothもWi-Fi同様、使っていない時もオンになっているとバッテリーの消耗につながります。 ヘッドホンやオーディオ機器、外付けキーボードなどを使っていない時は、オフにした方が有効です。

 

アプリの通知機能をオフにする

 

『設定』→『通知』
アプリの通知をオフにすることでバッテリ消費を抑えられます。 右上の『編集』をタップし、『通知センターで表示しないApp』欄までドラッグするか、 通知の要らないアプリをタップして『通知センター』をオフにしてください。 また通知項目の下部に行くと、『緊急速報』があります。 こちらをオフにすることでもバッテリの持ち時間を延ばすことができます。

 

自動ロックの時間を『1分』にする

 

『設定』→『一般』→『自動ロック』
iPhoneの画面を自動消灯させ、本体をロックするのが『自動ロック』機能。 この時間を短くすることでバッテリーの節約になるので、最短の『1分』にしておくのが有効です。
自動ロックの時間を『1分』にする
『設定』→『一般』→『自動ロック』
iPhoneの画面を自動消灯させ、本体をロックするのが『自動ロック』機能。 この時間を短くすることでバッテリーの節約になるので、最短の『1分』にしておくのが有効です。

 

iPhoneの明るさを落とす

 

『設定』→『明るさ/壁紙』
初期設定だと『明るさの自動調節』がオンになっているのでオフにします。 明るさはバッテリー消費にかなり影響するので、調節バーも半分以下に抑えておくのが有効です。

 

位置情報サービスをオフにする

 

『設定』→『プライバシー』→『位置情報サービス』
位置情報サービスをオンにしているとGPSが常に作動することになり、バッテリーの消耗につながります。 アプリごとオンオフの選択が出来るので、使わないアプリだけでもオフにしておくのが有効です。

iCloudで共有する必要のない項目をオフにする

 

『設定』→『iCloud』
iCloudで共有する必要のない項目をオフにするだけでもバッテリーの節約になります。 中でも『書類とデータ』項目をオフにすると、バッテリーの持ちが改善されるようです。

 

メールのプッシュ通知をオフにする

 

『設定』→『メール/連絡先/カレンダー』→『データ取得の方法』→『プッシュ』
通知をオンにしていると常に外部サーバーと通信している状態になり、その分バッテリーを消耗します。特に必要がなければオフに。 また、下にある『フェッチ』を手動にしておくと、バッテリーの節約になります。 手動フェッチ設定の場合、メールは手動で受信できます。

 

イコライザをオフにする

 

『設定』→『ミュージック』→『イコライザ』
iPhoneで音楽を聴く時、イコライザがオンになっているとより本格的な音質を楽しむことができます。 しかし、音声調節をする分、バッテリーを消耗することになりますので、音質にこだわらない方はオフにしましょう。

 

iPhoneの診断結果を『送信しない』にする

 

『設定』→『一般』→『情報』→『診断/使用状況』
『自動送信する』にチェックが入っていると、iPhoneの診断データと使用状況データを毎日自動でAppleに送信します。 iPhoneの品質向上の為に協力したいところですが、バッテリーの事を1番に考えるなら、『送信しない』にチェックを。

 

使っていないバックグラウンドアプリを消す

 

ホーム画面でホームボタンを2回押す→いずれかのアイコンを長押し→アイコン左上の『-』を押す 一度立ち上げたアプリは、この方法で削除しない限り、原則バックグラウンドで稼働し続けます。 使い終わったアプリや、使用頻度の少ないアプリをこまめに消していくだけでも有効です。

 

月に1度はフル充電→バッテリーを使い切る

 

Appleのウェブサイト参照 『リチウムベースのバッテリーを適切にメンテナンスするには、バッテリー内の電子を時々動かすことが重要です。 毎月最低でも1回は充電/放電サイクルを完了する(完全に充電した後、バッテリーを使い切る)ようにしてください。』 バッテリーを劣化させないために フル充電→使い切る というメンテナンスは有効と言えます。

 

iphoneの電池消費が早い方は是非このバッテリーを長持ちさせる方法を試してみてくださいね♪

 

法人携帯のWEBサイトはこちら お問い合わせ・スピードお見積り

お役立ちガイドのRSSを購読する!!

ページTOP