東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

株式会社ビジョン ソフトバンク正規代理店

企業が法人携帯を導入すべきメリットまとめ①|お役立ちガイド

お役立ちガイド

お役立ち情報満載!!
スマートフォンやタブレットの便利な使い方!
ビジネスに使えるアプリのご紹介!
プランや台数等の導入事例!
おトクなプラン情報などなど!

2015-09-24(木)17:00

企業が法人携帯を導入すべきメリットまとめ①

 企業が法人携帯を導入すべきメリットまとめ①

企業が社員に持たせる携帯電話のために、「法人携帯」という契約プランが用意されています。これらのプランでは、通常の契約に比べさまざまなメリットがあります。法人携帯を導入する3つのメリットをピックアップしました。

 通信コストを大幅削減できる

まず、電話料金が通常の契約より割安に設定されていることがほとんどです。そのため、通信コストを大幅に削減することができます。社員同士の連絡や社外への連絡など、どうしても電話をする必要が多いビジネスパーソンの通信コストを下げることは、最終的にはコストの大幅な削減になります。携帯電話を販売するキャリアとしては、数が多ければ多いほど通信量を徴収できるので、多少損をしても一つの会社をまるごと自分のキャリアに収められるということはメリットになるのです。その分、法人携帯を導入した会社にとっても割安な通信量で通話をすることができ、双方にメリットがあるのです。さらに、キャリアによっては利用した通信量によってポイントがつく場合があります。契約した社員のポイントは会社側が一括して管理できるので、ポイントで新しい充電器を購入して社内で公用にするなど、さまざまな利用が可能です。

 他社携帯からの乗り換えがスムーズ

ナンバーポータビリティ制度を活用して、他社の携帯電話から電話番号を変えずに法人携帯を導入することもできます。法人携帯にはコスト削減のメリットがありますが、導入そのものにコストがかかるかもしれないとしり込みをしていた方もいらっしゃるかもしれません。しかし、法人携帯の導入において他社携帯からの乗り換えや最適なプランの提案などは、キャリア側に頼めばすべて行ってくれ、実際にかかる費用はほとんどありません。法人契約の携帯電話の導入方法については、どのキャリアも相談窓口を設けていますので、わからない点はまずは相談してみてどの程度のコストが軽減するか、どの程度の期間で行えるか確認すると良いでしょう。

個人情報漏洩リスクに対処しやすい

企業から支給する携帯に使うためのセキュリティシステムも提案されています。プライベートの携帯電話では、顧客情報の漏えいやメールの内容が残ってしまうことなど、さまざまな問題があります。また、社員の退職によっても機密情報が漏えいすることも考えられます。法人契約の携帯電話では、セキュリティシステムによるソフト面でのセキュリティ管理、また特別に社内ルールを定めることによりハード面でもセキュリティ管理が可能で、企業とキャリアとの連携でロックをすることも可能なため、セキュリティの向上にも役立ちます。

法人携帯のWEBサイトはこちら お問い合わせ・スピードお見積り

お役立ちガイドのRSSを購読する!!

このページの先頭へ