東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

株式会社ビジョン ソフトバンク正規代理店

法人携帯を契約する際に注視すべきポイント|お役立ちガイド

お役立ちガイド

お役立ち情報満載!!
スマートフォンやタブレットの便利な使い方!
ビジネスに使えるアプリのご紹介!
プランや台数等の導入事例!
おトクなプラン情報などなど!

2015-10-01(木)10:29

法人携帯を契約する際に注視すべきポイント

 法人携帯を契約する際に注視すべきポイント

法人携帯を契約する時には、いくつか注目しておくべき点があります。導入前にあらかじめポイントを整理しておき、どのような携帯を導入するべきか、どのようなプランが適当なのかを考えた上で最適の機種を選ぶとよいでしょう。

 誰と話すことが多いのか

携帯電話のプランには指定した電話番号の相手との通話料金が安くなる、あるいは無料になるといったサービスがあります。キャリア間での通話が無料という場合もあるので、かける人数や相手先との平均的な通話時間を考慮した上で、検討しておきましょう。この選択ひとつで、かかる費用が大きく変わってくるので、使い方に合ったプランを選択することが大切です。また、キャリアを選択する際にも社内での使い方に合わせた最適なオプションがあるかどうか、複数の機種を比べてみてシミュレーションを十分に行う必要があります。

どこに電話することが多いのか

契約する際にもう一つ気をつけたいのが、かける相手です。前項でも述べましたが、キャリアによっては指定した番号の通話料金が安くなるということもあるので、一番かける頻度の高い人との通話料金が安くなるように決めておきましょう。契約プランによっては、月額の通話料金がほとんどかからないということもあるので、得意先や取引頻度の多い相手を指定しておくなど、工夫ができるポイントになります。かける相手が固定電話であったり、異なるキャリアでの電話の場合には、多くの場合高い通話料金となるので、そうした事も考慮しながら設定しておくのがポイントです。

いつ電話することが多いのか

契約プランの中には、時間帯によって通話料金が変わってくるものもあります。朝、昼、夜と時間毎に区切られた通話料金となり、通話料金が安い時間帯に多くでんわをかけるようにすると、月額通話料が安くなるというわけです。キャリアや契約プランによって時間帯や料金が大きく変わってくるので、どのような時間帯にかける頻度が高いかをあらかじめリサーチしてから決めるとよいでしょう。

まとめ

法人携帯を契約する際には社内における色々な使用パターンを考慮した携帯を選ぶことが大切です。便利だからといってスマートフォンを選択する必要は無く、最低限の機能を備えていれば問題ないわけです。会社によっては、通話機能のみという場合もあり、業務連絡用に特化した使い方をしているところもあります。必要な機能やオプション、契約プランを絞ればそれなりに経費を安く上げることにもつながりますし、会社にとってもメリットとなる面が大きくなるのです。

法人携帯のWEBサイトはこちら お問い合わせ・スピードお見積り

お役立ちガイドのRSSを購読する!!

このページの先頭へ